fc2ブログ

同級生が逝った

一昨日、中学校の時の同級生が心筋梗塞で急逝した。

彼とは部活も一緒だったけど、特に仲がいいわけではなかった。

去年、20年ぶりに中学の同窓会があり、そこで久しぶりに会って話した。相変らず、ちょっと

尖がっていて、べらんめい口調で元気に話していたのを思い出す。

同級生の突然の死、全く予想していなかった。今まで自分も含め周りの人達が元気にしている、

生きているのが当たり前だと思っていた。

でも、生きているのは特別なことなのかもしれない。そう考えると、変に無駄な時間を過ごしたり

せずに、一瞬一瞬を大切にしていきたいと思った。

死んでしまったら、全てが終わる。生きていればこそ、いろんな人と出会い、過ごし、語り合い、

喧嘩ができる。好きなことも、嫌な仕事も、すべて…。

自分もいつ死ぬか分からないけど、それまで一生懸命生き抜こうと思う(ちょっと大げさだけど)。

彼の死に対して、ご冥福を祈りたいと思います。
スポンサーサイト



ぷれジョブフォーラムのご案内 | Home | 新潟ドリームプランプレゼンテーション2013に参加してきました

コメント

パパ店長です

本当に当たり前のように過ごしている時間、空間
その当たり前はもしかしたら次の瞬間には無いのかもしれません
一期一会という言葉がありますが、物凄く深い4文字だと思います

ご友人のご冥福をお祈りいたします

2013/08/30 (Fri) 19:56 | パパ店長 #- | URL | 編集
パパ店長 様

こんにちは~
先日も知り合いの弟さんが亡くなったり、今回は同級生が亡くなったり、身近な人、しかも
自分と同じ世代の人が亡くなったことに、すごくショックを受けています。二人とも突然に。
自分もいつ死ぬか分かりません。そう考えると、この一瞬一瞬を大切に、大切な人、仲間、
家族と楽しく一生懸命に生きることが大事なんだと思います。パパ店長さんのおっしゃるよう、
慣れ親しんだ人であっても、一期一会という気持ちで接することがいいんでしょうね。

2013/08/31 (Sat) 17:53 | あきら #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する