fc2ブログ

理想と現実

先日(4月15日)、障害者サッカー体験教室を行いました。

毎月1回、障害児のサッカー教室のサポートをしていますが、大人を対象とした教室は

やっていませんでした。今回、周りからの要望や後押しもあり、開催することになりました。


大々的に広報を行ったわりに、事前の申し込みが全くないまま、当日を迎えました。

それでも、当日飛び込みで参加してくれるのではないかと、一縷の望みにかけてました。


蓋を開けてみれば、障害者の参加は2人。そのうち一人は富山で活動している知り合い。

事前の広報(チラシ配布)、新聞等の広告など、できる限りのことをやっての結果。

人集めの難しさを痛感したイベントとなりました。

ただ、これで終わりではなく、今年は7月と10月にも実施予定なので、今回の結果について

チームで原因を話し合い、対策を考え・実行したいと思います。


今、私が感じているのは、不特定多数への広報も必要ですが、障害者へ直接的に伝えるような

広報も同時にしたほうがいいのかなと。例えば、障害者施設、作業所、障害者就労先(一般企業)、

障害者交流施設。また、障害者スポーツに携わっている人達へ協力要請、関係している障害者

の方々に広報してもらうなど。障害者と関わりのある公的機関、社会福祉協議会との連携、

情報提供など。とにかく、障害者および障害者と関係のある人と広くネットワークで繋がることが

一番大事なんだと、今回はしみじみと感じました。


今回の障害者サッカー体験教室のメニューはこんな感じでした。
1.長めの準備体操
2.ボールタッチ
3.パス練習
4.シュート練習(サーキット形式)
5.鳥かご
6.ミニゲーム

参加してくれた二人は、楽しくサッカーができ、次回も是非参加したいと言っていました。

次は一人でも多くの障害者の方とサッカーを楽しみたいと思います。

sDSC_8409.jpg
初めての参加の佐藤さん。以前、足を痛めて歩くのも困難だったのが、思いっきり走って、
サッカーを楽しんでました。また、遊びに来てください。

sDSC_8420.jpg
富山から駆けつけてくれた森田君。クラッチでバランスをとって、巧みにボールをさばきます。


sDSC_8442.jpg
ミニゲームの様子。健常者、障害者が一緒にプレーを楽しみました。


sDSC_8444.jpg
森田君と佐藤さん。すがすがしい笑顔です。


sDSC_8448.jpg
最後は、みんなで記念撮影。
スポンサーサイト



自分の身は自分で守る! | Home | お父さんも頑張らなきゃ!

コメント

R様

こんにちは。
こちらこそ、訪問していただき、ありがとうございます。
これからも遊びに行きますので、よろしくお願いします。

2012/04/18 (Wed) 20:07 | あきら #- | URL | 編集
N様

こんにちは。
アドバイスありがとうございます。地道に施設等を回って、きちんと説明することで信頼してもらい、安心して参加してもらうような形にしたいと思います。次回は一人でも多くの障害者の方に参加してもらえるよう、われわれ主催者の顔が見える広報を実践したいと思います。

2012/04/18 (Wed) 20:09 | あきら #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する