fc2ブログ

長男の入学式に行ってきました

4月9日、今週の月曜日に長男の入学式があり、出席してきました。


生まれた時は成長が遅く、言葉を発したのは1歳半。言葉と言っても「うー、あー」

という程度。何となく気にはなっていましたが、まさかとは思いながらも信じたくない

二人(私と妻)でした。


小学校にあがる時、教育委員会?による知能検査を受けました。結果は、普通の小学校に

行けるかどうかボーダーラインで、普通の小学校に行くのか、養護学校に行くのかは家族で

決めていいと言われ、ショックで目の前が真っ暗になったのを覚えてます。


二人で出した答えは、普通の小学校に通わせること。

まだ6歳だし、これから頑張れば、他の子供と同じように成長するだろうと信じてました。

長男は学校から帰ってくると、妻と二人で一生懸命、時間をかけて宿題と課題をやりました。

小学校低学年のうちは、日々の努力で何とか学校の授業についていけましたが、高学年に

なると徐々についていけなくなり、卒業の頃には、周りの子供と大きな差ができていました。


中学校に入ってからも、私と妻は、長男が頑張れば普通高校に行けると信じてました。

私は何の根拠もなく、普通高校に行くのが当たり前と思ってました。中学校には、

普通学級の他に特別支援学級がありました。9割以上の生徒は普通学級で、残りの1割の生徒

(知的障害や発達障害など)が特別支援学級で勉強してます。長男は入学当初はほとんどを

普通学級で授業を受け、苦手でついていけない授業だけ特別支援学級で受けてました。それが

2年生になる頃には、その逆の状態で、ほとんどの授業を特別支援学級で受けている状態に

なりました。

彼は野球が好きだったので野球部に入り真面目に練習していました。それが、徐々について

いけなくなり(もともと運動が苦手)、2年の終わりには退部しました。

学習面でも部活でも周りの友達についていけなくなり、イジメにもあったようで、彼の中に

かなりのストレスが蓄積されました。


それの結果、登校拒否という形で表れました。


最初は私が強い口調で言い、強制的に家から叩き出したりして学校にいくこともありましたが、

結局、週に1日、2日行けばいい方。途方に暮れ、学校からの助言で、親子3人で児童相談所に

行き診断してもらいました。診断の結果は、軽度知的障害でした。この結果を聞いて、私と妻は

思ったほどショックは受けず、やっぱりという思いもありましたが、一番は吹っ切れた感じが

ありました。ここで、私たちは彼に対する認識を変えることができました。彼はやればできると

信じてやらせてきましたが、彼は一生懸命に頑張ってもそれ以上できない限界にきていたんだと

思ったのです。彼は本当に頑張っていて、頑張っても頑張ってもできない状況を分かってほしくて、

そのサイン(登校拒否)を出していたんだと。それを何も感じて理解してあげられなかったのは、

親として失格でした。


3年生になり、進路を考えた時に、彼にとって一番大事なのは、将来の自立に向けたステップと

しての高校、そんな高校に入れたらと考えて出した進路先は特別支援学校。

そこは単なる特別支援学校ではなく、特に就職を考えた学級があると聞き、妻と二人で「そこだ!」

と思いました。

何とか、その高校に合格し、今は将来の就職に向けて職業体験(ぷれジョブ)に参加し、楽しく

活動してます。また、今年初めから新聞のコラムをパソコンで打って内容把握、音読の練習を

続けています。


入学式では、いままでのそんな思いがよみがえり、本当に感慨深いものでした。彼は早速、

クラスメートと名刺を交換して、友達になってました。彼にとって、一生を左右するであろう

高校3年間を、楽しく精一杯満喫してほしいです。


そのためのサポートを今まで以上に頑張ろうと家族で誓い合った4月9日でした。


sDSC_8287.jpg
スポンサーサイト



海に行ってきました~ | Home | 戦友から幻の酒「田酒」をいただきました!

コメント

息子さんは幸せだと思います。
ご両親に自分の障害のことを認めてもらい、相談して特別支援学校への進学を決めたからです。
多くの人は自分の子供の障害を認められず、健常者と同じことを押し付けたり、酷い場合だと駆け落ちをします。
私は自分の意志で普通高校の通信制を選びましたが、自分の意志で選べたことをとてもうれしく思います。

2012/04/12 (Thu) 13:26 | うるさいの #- | URL | 編集
こんにちは

息子さん、高校入学おめでとうございます。

どんな学校を選ぶか・・・は、とても難しくてデリケートな問題ですね。
あきらさんの息子さんのようにボーダー的な子じゃなくて、もう明らかに付きっきりでの介護が必要なほど大きな障害を持った子の保護者でも、
「普通の学校に入れたい。」
と強く希望して、入学させる方はけっこういます。

私も昔は、「自分が親だったら…」って考えると、その気持ちも分からなくはないし、否定はできないと思っていました。
でも、学校の中でそういう子に関わる度、
「この子はここにいて本当に幸せなのかな?」
と感じることが多くなりました。
別に差別されるとかいじめられるとか、そういうことは抜きにしても…。

特別支援学校の教師と何人か知り合い、そこでの指導内容が、普通学校の特別支援学級とはもう根本的に違う、ということを知ってからは、そういう思いがますます強くなりました。

そこの先生方が一番に考えているのは、その子が社会に出てどうやったら一人で生きていけるか、ということ。
手に職をつけたり、かなり具体的に自立するためのプログラムが組まれていることを知り、びっくりしました。

社会に出て、健常者と障害者が一緒に生活していくのだから、小さい頃から交流させるべき、交流させてやりたい、という親心もすごく分かるのですが、私はもし自分に障害を持った子が生まれたら、きっと特別支援学校のことを検討するだろうな、と今は思います。

子供もいないのに生意気なこと言っちゃってすみませんv-356
でも、自分が高齢になってきて、今から妊娠できても障害を持った子が生まれる確率が高くなってきたなと思うようになってから、真剣にそう考えるようになりました。

だから、長い間かけて、あきらさんたち家族が一生懸命考えて出した結論だから、応援したい気持ちでいっぱいです。
息子さんが自分らしい高校生活を送れますように…。

 

2012/04/12 (Thu) 15:19 | ★RIKO★ #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

うるさいの様

こんにちは。

そう言っていただけると、少しほっとした気持ちになれます。
ありがとうございます。
長男の障害に気づいてはいたものの、どこかで認めたくない、
もう少し努力すれば伸びるのではなどと勝手に思いこみ、
本人にとんでもないプレッシャーを与えてました。
もう少しで手遅れになるところでした。
でも、もう大丈夫です。
我々夫婦と長男は、ようやく同じ方向を向いて、ゆっくりですが
歩み始めました。まだまだ、長男の障害について分からないことが
ありますが、それから逃げずに根気強く、ゆっくりと正面で向き合って
心で対話したいと思います。

うるさいの様の高校生活が実りある充実したものになることを祈ってます。

2012/04/13 (Fri) 00:19 | あきら #- | URL | 編集
Re: こんにちは

★RIKO★様

こんにちは。

ありがとうございます。

中学2年までは、親の勝手な思い込みで長男を長い間苦しめてしまいました。
でも、妻が一生懸命長男に教えてきたことは無駄だとは思っていません。
彼女の努力があったからこそ、障害はあるものの、できるだけの能力を伸ばせた
のだと思ってます。ただ、彼が努力してもできないことを、もう少し早く認めて
あげられれば良かったかなと思います。

中学校に入り、徐々に特別支援学級での授業が増え、彼にとってもその方が良かった
のかと思いきや、実際やっていることは小学校レベルの復習ばかりで、長男にとっては
生ぬるい環境に入れられただけでした。それは、学校や先生が悪いわけではなく、
特別支援学級という、にわか学級制度が悪いのだと思います。特別支援学級とは名ばかりで、
要は障害を持っている子供たちを普通学級から隔離して、寄せ集めた学級だと私は思います。
本来であれば、各個人の障害に合わせた授業を行わなければなりませんが、それが先生が
不足しているために全く対応ができず、結局は言い方が悪いかもしれませんが、
特別支援学級の中の一番低い人のレベルに合わせた授業をしなければならないのが現実だと
私は感じました。

長男が4月から通っている特別支援学校(高校)は、いくつかのクラスがありますが、
単純に生徒と先生の比率は2:1です。学校の理念もしっかりしてます。中学校の
特別支援学級には失望しましたが、高校にはとても期待してます。

これからの3年間が将来のために大事な時間になります。長男も頑張ると思いますが、
長男の長所を伸ばして、それが就職に結びつくように、いろんなことにチャレンジできる
環境づくりをやっていこうと思います。

2012/04/13 (Fri) 00:44 | あきら #- | URL | 編集

息子さんの入学式、おめでとうございます。
高校生なんですね。学校生活が楽しく過ごせますように。

皆さん最初は家族が障害を持っていることを否定したいという思いになり、徐々に受容していくんですよね。僕の場合は双子なんで、ずっと一緒にいるためか、否定はないにしろ、他の子の家庭とは違うんだと何か色々悩みました。でも、今は逆にラッキーに思えるんです。他の子よりもいろんな経験がありますから。

障害を持つ方は周りが驚くほどの素晴らしい長所を持っているらしいです。僕の片割れは異常な集中力と正確さが仕事場で発揮されているそうな。
息子さんもそういった長所を存分に活かせるものが見つかると良いですね。

2012/04/13 (Fri) 12:56 | 五十鈴 ルイ #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/04/13 (Fri) 15:56 | # | | 編集
R様

はじめまして。

コメントありがとうございます。

今、将来の就職に役立つようにと思い、できるだけ家の中で、ちょっとした手伝いや
職業体験などに取り組んでます。職業体験などでは、体験先で感謝され、それがうれしい
ようです。さらに、R様のおっしゃるように、お金を稼いで使える喜びを教えられるように、
家の手伝いの報酬とかも考えていきたいと思います。
これからも、アドバイス、よろしくお願いします。

2012/04/14 (Sat) 10:38 | あきら #- | URL | 編集
ルイ様

ルイ様

すみません。コメントのお返事したつもりでいましたが、してなかったようです。

コメントありがとうございます。

本人は張り切って学校に通ってます。ただ、朝が早いのでそれに慣れるまで、ちょっと

時間がかかりそうです。障害については、正直言ってどう対処したらいいかわかりません

でした。ちょっと遅れているだけじゃないかと、親の勝手な思い込みで、彼の障害を理解

するまで時間がかかりました。でも、はっきりと診断されて家族全員の覚悟が決まり、

彼の将来への方向性が定まりました。ほんと、よかったです。

ルイさんのおっしゃるように、彼にもすごい才能があると思いますので、その発掘作業を

一生懸命やっていこうと思います。

これからも、よろしくお願いします。

2012/04/14 (Sat) 20:58 | あきら #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する